広島新庄の堀が12回を投げ抜き、延長戦を制した。140キロ台の直球の勢いは終盤まで衰えず、177球の力投で7安打に抑えた。打線は五回に同点に追い付き、十二回1死満塁から3番北谷の中犠飛で決勝点を奪っ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ