横浜は藤平の投球が光った。140キロ台後半の直球を軸に変化球を織り交ぜ、七回2死で降板するまで5連続を含む13奪三振。打線は15安打で7点。一回に4番村田の適時打で先制し、三回は公家が3ラン。以降も...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ