東邦が24安打19得点で大勝した。二回に相手のミスに乗じて3点を先制すると、四回は4番藤嶋の3点本塁打を含む打者16人の猛攻で一挙12点を奪い、試合の大勢を決めた。七回以降、先発の松山、2番手の千手...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ