序盤の得点機をものにした鳴門が1点差で逃げ切った。一回に手束の2ランで先制し、二回は鎌田の適時打で追加...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)