高松商が中軸の活躍で延長戦を制した。十一回、荒内のバント内野安打を足場に1死一、三塁とし、4番植田響が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)