龍谷大平安が延長十二回にサヨナラ勝ちした。市岡の二塁打を足場に2死満塁とし、小川が左中間へ適時打を放った。龍谷大平安の左腕市岡は六回に先制されたが、粘りの投球でその後のピンチをしのいだ。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ