海星は一回に4番の小畑が先制の二塁打を放ち、五回は5番の永石が適時打。中軸が機能して2点を先行した。無...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)