大阪桐蔭が投打で強さを見せた。先発の高山は緩急巧みにコーナーに投げ分け、三回以降は無安打に抑えて8回無失点。打線は三回、2死からのチャンスで中軸の吉沢、古寺が適時打を放ち3点を先制した。中盤以降も攻...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ