八戸学院光星が理想的な試合運びで逃げ切った。序盤は積極的に打って出て二回までに3得点。3―2の五回は益田が適時打、六回もミスにつけ込み2点を奪い、主導権を与えなかった。先発の桜井は緩い変化球を増やし...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ