中盤に試合をひっくり返した鹿児島実が鮮やかな継投で逃げ切った。四回に井戸田貴、追立の連続適時打で同点とすると、五回は綿屋の適時打で勝ち越し、六回は追立の本塁打で加点した。六回2死満塁の場面で先発丸山...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ