第97回全国高校野球選手権大会の大会本部は最終日の20日、入場者数が合計で86万2千人だったと発表した。昨年に比べて9千人増えた。

 地元の関西勢はベスト16で姿を消したが、1年生スラ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)