東海大相模が6―6の九回に5長短打などで突き放し、点の取り合いとなった試合を制した。

 この回先頭の小笠原が初球の高めフォークボールを右中間にソロ本塁打。1死後に宮地が二塁打、杉崎が遊...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)