仙台育英が早実投手陣を攻略した。三回に佐藤世、佐藤将、青木の3連続長短打と郡司の適時内野安打で3点を先制。四回は平沢の2戦連発となる3ランなどで4点を奪って突き放した。佐藤世は7四死球と制球に苦し...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)