興南が終盤に底力を発揮した。1―3の六回に内野ゴロの間に1点を返し、七回は仲の三塁打で同点。八回には砂川が左前適時打を放ち勝ち越した。比屋根は五回までに3点を失ったが、中盤以降は立ち直り、4安打で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)