投手戦は九州国際大付に軍配が上がった。富山は内角直球で打ち気をそいだ。詰まらせた分、鋭いスライダーが決め球となり、7安打されながら完封した。打線は六回に山本の3号ソロで均衡を破り、七回は岩崎が貴重...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)