継投策がはまった花咲徳栄が無失点リレーで接戦を制した。鎌倉は七回途中まで6安打に抑えて粘る。七回1死一、二塁のピンチは2番手の高橋が連続三振で切り抜けた。中盤まで振るわなかった打線は七回1死一、三...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)