早実が1年生の清宮の2ランを含む5打点の活躍で快勝した。1―1の三回、清宮が甲子園初本塁打となる2ランを放つと、加藤もソロで続いた。六回は2死満塁から清宮の3点二塁打で加点。2番手上條の無安打の好...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)