九州国際大付が打撃戦を制した。三回、1点を返した後に岩崎が同点3ラン。五回は山本の3ランなどで勝ち越す。救援投手が打ち込まれたが、七回に山本の2打席連続本塁打で同点。九回1死三塁で山口がサヨナラの...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)