東海大甲府が終始主導権を握った。二回に飯塚の2ランで先制すると、五回は角山が適時二塁打。飯塚は六、七回に適時打を放ち、4打点を挙げた。各打者の振りが鋭く、下関商の投手を次々と攻略した。菊地、松葉の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)