早実が乱打戦を制した。6―6と追い付かれた直後の九回2死満塁から、渡辺が右前適時打して勝ち越した。先発の松本が四回に突然調子を乱して降板したものの、4番手の服部が力のある球で3回を1点に抑えたのが大...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ