花咲徳栄が毎回の18安打を放ち圧勝した。一回に楠本、笹谷の連続適時打などで4点を先制し、三回までに7得点。九回は大滝のランニング2点本塁打などで5点を挙げた。先発の鎌倉は強気に直球で押し、8回を無...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)