関東第一が乱戦を制した。10―10の八回1死二、三塁から、鈴木が右前に勝ち越し打を放つと、暴投でさらに1点を加えた。オコエは三回に2本の三塁打をマークするなど3安打4打点だった。

 三...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)