鶴岡東が16安打で打ち勝った。二回、黒川のソロ本塁打で先制。同点に追い付かれた直後の四回に1点を勝ち越し、五回に3点、七回にも打線が6長短打とつながり4点を加えた。先発福谷は8四死球と制球が乱れて...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)