仙台育英が投打に圧倒した。一回に平沢の2点本塁打などで5点を先制。佐々木良、紀伊がともに4安打を放つなど攻撃の手を緩めず、12点を挙げた。佐藤世は制球に苦しむ場面もあったが、手元で伸びる直球を軸に8...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ