滝川二がサヨナラ勝ちした。3―3の九回1死一、三塁から、6番結城が右前打を放って試合を決めた。打線は15安打をマークした。友井は粘りの投球で8回を3失点にまとめ、2番手の塩本も九回のピンチを切り抜...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)