一回に2点を先行された津商は四、五回に1点ずつ返して同点とし、六回に栗谷の適時打で勝ち越した。七回は2本の三塁打などで3得点し、終盤も小刻みに加点した。制球が良かった坂倉は熱中症の影響で七回途中に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)