敦賀気比が延長十回にサヨナラ勝ち。0―3の六回に林中のソロ本塁打などで1点差に迫り、八回は松本の右前適時打で追い付いた。十回は2死満塁から篠原の中前打で試合を決めた。先発平沼は四回以降無失点で、十...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)