東海大甲府が打撃戦を制した。1―2の三回に松岡、五十嵐の連続適時打などで4点を挙げ、四回にも2点を追加。7―7とされた直後の八回には無死一、三塁から福武の中前打で勝ち越した。七回途中から登板した松...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)