九州国際大付が2―0の六回に大量5点を奪って快勝した。無死一、三塁から脇坂の中前打で1点。宇都が犠打で走者を進め、7~9番の3連続適時打でさらに4点を加えた。先発富山は6回を4安打1点に抑え、七回...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)