上田西の2年生右腕、草海が無四球の99球で投げ切り、単打6本に抑えて完封した。直球とスライダーのコンビネーションがさえ、再三の好フィールディングで自らを助けた。打線は一回に松本の2点適時打で先制。六...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ