男子ゴルフの米国選抜と、欧州を除く世界選抜の団体対抗戦、プレジデンツ・カップ(12月・メルボルン)で米国の主将を務めるタイガー・ウッズが7日、通常はプレーしない主将による推薦選手の最後の1人に自分を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ゴルフTOPへ