【台北共同】フィギュアスケートの世界ジュニア選手権最終日は18日、台北で行われ、女子でショートプログラム(SP)2位の15歳、本田真凜(大阪・関大中)はフリー2位の133・26点を出し、合計201・...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) フィギュアスケートTOPへ