【ブダペスト共同】フェンシングの世界選手権は23日の最終日を待たずに日本勢の2大会連続メダルなしが決まり、来年の東京五輪へ不安を残す結果となった。複数のメダル獲得を目標としてきた団体で8強入りしたの...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) フェンシングTOPへ