日本フェンシング協会は4日、ブエノスアイレスで3月に開催された男子エペのワールドカップ(W杯)で日本代表コーチに選手への暴力的な行為があったとして、活動停止1カ月、国内外の試合帯同禁止6カ月の処分を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) フェンシングTOPへ