フェンシング男子フルーレのワールドカップ(W杯)は11日、ドイツのボンで団体が行われ、鈴村健太、西藤俊哉(ともに法大)三宅諒(フェンシングステージ)松山恭助(早大)の日本が3位となった。準決勝で米国...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) フェンシングTOPへ