大分県フェンシング協会は12日、国体県予選の一部試合で判定機器を不正操作した疑いがあるとして、大会運営担当の40代の男性高校教諭を無期限の追放処分にしたと明らかにした。

 フェンシング...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)