フェンシング男子の太田雄貴(森永製菓)は16日、世界選手権フルーレ個人で初優勝した後、「とりあえず今はリオで一区切りだと思っている」と話し、来年のリオデジャネイロ五輪後の現役引退を示唆した。

...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)