誰が見ても「最高の舞台」と言える試合を経験できる選手は、やはり多くないだろう。それはタイトル獲得の栄誉を複数味わった選手の場合であったとしてもだ。その意味で15年ぶりにJ1を制したチームに所属する「...<記事全文を読む>