歴史の違いだろうか。日本の「サッカー用語」にはあいまいなものが多い。代表例が、戦いの頂点に立ったチームに対する称号だ。「優勝者」「王者」「勝者」「覇者」…。さまざまな言葉が贈られる。表現が豊かなのは...<記事全文を読む>