2連覇への思いは届かなかった。6月末に行われた陸上日本選手権の男子5000メートルで、前回覇者の服部弾馬(トーエネック)は2年前の優勝者、松枝博輝(富士通)に敗れ、13分44秒40の3位に終わった。...<記事全文を読む>