期待にあふれた数万人の視線を一身に浴びる―。それは、どういう感覚なのだろうか。ゴール裏のウオーミングアップゾーンからビブスを脱ぎながらベンチに戻る途中で、6万人が埋め尽くしたスタジアムの雰囲気が一瞬...<記事全文を読む>