「記録… それはいつもはかない。一つの記録は一瞬ののちに破られる運命を自ら持っている」  何ともドラマチックなこの言葉を見て、懐かしく感...<記事全文を読む>