劣勢でも耐えていれば、いずれ潮目が変わる。その時、訪れるチャンスを逃すことなく確実に決めることができるかどうかが勝敗の分かれ目となる。いわゆる「勝負強い」といわれ、トーナメントを勝ち抜いていくチーム...<記事全文を読む>