自分が劇作家だったとしても、恥ずかしくてこのようなストーリーはとても書かないだろう。あまりにも話が出来過ぎ。いわゆる、ベタというやつだ。 ...<記事全文を読む>