作家の重松清の「赤ヘル1975」(講談社文庫)は、1975年(昭和50年)に地方の弱小球団だった広島のリーグ初優勝を題材にした小説である。  その書き出しは「赤は女子の...<記事全文を読む>