「風もいいし、ついに出るかな」「いや、今日のコンディションだと厳しいそうだ」。 陸上男子100メートルが行われる日の朝、各報道機関の担当記者は挨拶代わりにこんな会話を交わす。 ...<記事全文を読む>