「常にいつやめてもいいと思ってやってきた」「その時その時で精いっぱいというか、悔いなく試合で戦ってきた」「今日やめてもいいやと思えるぐらい常に本気でできていた」 ...<記事全文を読む>