成績はどうであれ、大きなトーナメントを戦ったチームというのは苦い体験のなかにも何かしらの光明を見いだすことが多い。例え、それがネガティブな材料であっても、結果としてチームを向上させるためのヒントを得...<記事全文を読む>