こんな試合はめったに見られるものではない。シュート35本のチームが、わずか3本のチームに屈する。PK戦による敗退は記録上では「引き分け」だが、トーナメントの次の段階に駒を進めることができなかったのだ...<記事全文を読む>