中立の立場で物事を見て、感情移入せずに客観的に記事を書く。入社する前は記者に対してそんな理想像を持っていた。入社して間もなくして現実はそうではないと気づかされたが、4年目の今でもその理想と現実の葛藤...<記事全文を読む>